メインイメージ画像

フード系のバイトはいっぱい存在していますが

フード系のバイトはいっぱい存在していますが、業務内容はどのような違う点があるのでしょうか。似ている業界でも、会社によって募集する内容が違うかもしれないので、募集要項は全部ちゃんと確認をしておきましょう。飲食店を例えると、募集しているのがキッチンのスタッフなのか、ウェイターであるのかにより、仕事の内容は多々変わるはずです。同じ飲食店でもレストランと居酒屋とは、業務内容も変わるでしょう。

バイトの通勤距離は短い方が楽ですよね。移動時間が短い方が自分にとって楽ですし、雇う側にとっても利点があります。電車代をバイトに支給する場合は当然ですが、急にバイトに入って欲しい時に短時間でバイト先にやって来られるので都合が良いのです。その上、通勤にかかる距離が少ない方が突然の事故や大雨トラブルなどに遭うことが少なくなるのでバイトを預かる身としては不安要素を減らせます。アルバイターと雇用主の双方共に利点がありますね。

バイトの期間は長くないと採用されるのが難しいでしょうか。当たり前ですが、ある程度長く働ける人はバイト先の教育の負担が減りますので好都合でしょう。ですが、未来のことは当然誰にも知りえません。突発的にどうしようもない事情でバイトを変わる人もよくいますし、急にバイト先が移転することも考えられることです。従って、バイトに応募する時は深く考え過ぎず、できる限り長期間、精一杯バイトするつもりで応募するのがおすすめです。

イメージ画像

大学生におすすめなのはどういうバイトか整理してみましょう。学部にもよりますが学生は比較的フレキシブルに時間を使うことができます。特に、勤め人と異なる点として、夕方から夜の時間帯を自分のために使えるのが大きいです。だから、夕方以降に仕事が多いレストランや家庭教師などが合っています。特に、塾講師や小中学生相手のバイトは年齢の近い学生がやる方が親しみやすいと言われています。時給も高く、休み期間は夏期講習で沢山バイトできるので一気に稼げて効率的です。